――大切なお姫様を救う物語。


――それは可能性の物語。