ジョジョ第4部第17話感想



熱中症で倒れてました。
ちゃんと睡眠を取りましょう。
というわけでジョジョ感想。


岸部露伴、復活!
プッツンドララララッシュを食らって完治するなんて、わかっていたけど相当なバケモノだな、アンタ。
岸部露伴の身体能力は波紋使いにも比肩しうるのではなかろうか。
外伝も含めて考えるとこの時にイタリア旅行もしているし、吸血鬼じみた回復力である。

さらにヘブンズドアーもパワーアップしている。
何か主人公並みに成長してますな、こやつ。
主人公並みとは言ったものの、ジョジョでスタンドが成長したのはジョルノとジョニィくらいだった。
仗助は……序盤の時点で精神性もスタンド能力も完成しており、良くも悪くも成長していませんな。
成長役は康一君が担当している。
……実は康一君が主人公では?

殺人鬼に殺された女性、杉本鈴美によってついに第4部のラスボス、吉良吉影の姿が見えてくる。
やっていることは残酷かつ邪悪だが、どうにも憎めないところを持っている絶妙なバランスのキャラである。
なので、ボスキャラの中では一番好きです。
外伝作の主人公にもなっているから、露伴並みに愛されキャラですな。

露伴と鈴美の過去には繋がりがあった。
露伴が何だかんだで吉良吉影を追い続け、そして、最終的には川尻浩作にまで辿りついている。
対吉良吉影においてトップクラスの貢献を果たしている。
直接的には描写されなかったのだけど、鈴美に対する恩義や感情があったからかもしれない。
こういうところは人間臭い露伴であった。
他の部分はあまり人間臭くない……というか、ゲスい……

Array
Array

Array